プリンストンテクノロジー(プリンストン、池田譲治社長)は、iPod専用2.1スピーカー「PSP-MSSTW」のホワイトバージョン「PSP-MSSTWH」を4月下旬に発売する。オンライン販売のみの限定モデルで、直販価格は2万9800円。

 「PSP-MSSTWH」は、最大出力45Wのパワーアンプ、豊かな低音を再生するサブウーファを搭載したタワー型の3ウェイスピーカーシステム。ミッドレンジ、ツィーターには、「ネオジウム磁石(Nd-Fe-B)」を搭載。磁気の歪みを低減し、高音質での再生を可能にした。本体サイズは、高さ96cm、幅24cm、奥行き36cm。

 Dockコネクタを装備した第3・4・5世代のiPod、iPod mini、iPod nanoに対応。スピーカーのDockコネクタにiPodを差し込むだけで、音楽の再生とiPodの充電が同時に行える。専用のワイヤレスリモコンも同梱しており、最大10m離れたところから操作可能。このほか、iPod以外の携帯オーディオを接続・再生できるステレオミニ入力端子を装備する。

 同時に、第4世代以降のiPodで利用できる、iPod専用モバイルバッテリーパック「PIP-BP3N」も発売する。05年に発売した「PIP-BP3」から付属のキャリングケースを省き、価格を下げたもので、実勢価格は3280円。

 単3アルカリ乾電池4本を使用し、最長15-40時間、連続してiPodに電源を供給できるモバイルバッテリーパック。きょう体はアルミニウム製で、LEDインジケーターでバッテリー容量を一目で確認できるのが特徴。バッテリー本体のオン/オフの切り替えミスを防ぐロックスイッチも備えた。