リコー(桜井正光社長執行役員)は4月11日、ジェルジェットプリンターの「IPSiO GXシリーズ」の新製品2機種3モデルを4月20日に発売すると発表した。価格は「IPSiO GX 5000」が6万2790円、「IPSiO GX 3000」が3万1290円。

 リコー(桜井正光社長執行役員)は4月11日、ジェルジェットプリンターの「IPSiO GXシリーズ」の新製品2機種3モデルを4月20日に発売すると発表した。価格は「IPSiO GX 5000」が6万2790円、「IPSiO GX 3000」が3万1290円。

 両機種とも印刷スピードを速め、A4版縦送りの場合、カラー/モノクロとも「IPSiO GX 5000」では毎分30枚、「IPSiO GX 3000」では毎分29枚を実現。顔料インク「GELJETビスカスインク」の発色性と粘度特性を高めて用紙を素早く乾燥させたり、用紙搬送速度を上げることで同社の従来機に比べ約1.5倍の高速化を達成した。

 また、カラー印刷の際に、黒い文字の部分は濃度をそのままにしながら、カラーのイラストやグラフなどのイメージ部分の濃度を落とすことで、見やすさを保ちながらモノクロと同程度にまで印刷コストを抑えることもできる。

 Windows、Mac双方に対応し、両OSが混在したネットワーク環境でも利用できる。このほか、通知先のEメールアドレスを登録しておくとインク切れや紙詰まりなどの情報をEメール受け取ることもできる「Eメール通知機能」も搭載した。

 「IPSiO GX 5000」は無償保証期間が業界初の3年間。「IPSiO GX 3000」は無償保証期間は1年間だが、それ以後2年間の保守契約をセットにした「IPSiO GX 3000 安心3年モデル」も用意しており、6月に4万1790円で発売す