東芝は4月、HDDタイプの携帯オーディオプレーヤー「gigabeat(ギガビート)」に、30GBモデルの「gigabeat S30」と60GBでFMチューナー内蔵モデルの「gigabeat S60V」を4月28日に発売する。いずれもシリーズ初の動画再生対応モデル。価格はオープンで、実勢価格は「S30」が3万6000円前後、「S60V」が4万6000円前後の見込み。

 本体OSにマイクロソフトのWindows Mobile software for Portable Media Center(PMC)を採用。写真などの静止画に加え、動画再生にも対応したのが特徴。ミュージッククリップやデジタルビデオカメラで撮影した映像をWindows Media Player 10からWindows Media Video(WMV)ファイルとしてgigabeatへ転送することで視聴できる。画面には解像度QVGA(240×320画素)の2.4型低温ポリシリコンTFTカラー液晶を採用した。

 また、新たに開発した音質改善技術「H2Cテクノロジー」を搭載。WMAやMP3などのデータ圧縮時にカットされていた約16kHz以上の高音域を独自のアルゴリズムで補完し、中音域から高音域まで自然な音質で再現することができる。著作権保護(DRM)のWindows Media DRM10にも対応するため、音楽配信サイトで購入した音楽データの再生も可能。

 カラーバリエーションは「S30」がピアノブラック、ピュアホワイト、クリムゾンレッドの3色で、「S60V」はピアノブラックのみ。サイズは幅59.9×高さ99.9mmで、厚さはS30が13.2mm、S60Vが16.2mm。重さはS30が127g、S60Vが140g。リチウムイオン電池を内蔵し、ACアダプターかUSB経由で充電する。