ジャストシステムは4月11日、インテル製CPUを搭載したMacintosh(Intel Mac)に対応する「次期ATOK for Mac OS X」の試用ベータ版をIntel Macユーザーに無償で提供して情報を収集するモニターテストを行うと発表した。

 不具合情報の収集が目的で、それに基づいて改良を施しソフトの完成度を高めるのが狙い。同日から専用応募サイトで参加申し込みを受け付けており、締め切りは4月17日。応募者が多数の場合は、同社で参加者の選考を行う。

 参加者には、5月中旬にダウンロード方法などの案内を送付。5月中旬から5月下旬にかけてテストを実施してもらう。対象は、Intel Macユーザー、ATOK製品ユーザー、ジャストシステム製品ユーザーで、同社のユーザーIDを持っていなくても応募できる。なお試用ベータ版は、06年6月下旬まで試用できるようになっている。

 ジャストシステムでは、現在、日本語入力システム「ATOK」次期バージョンの開発を進めている。次期ATOKは、従来のPowerPCを搭載したMac、Intel Macの両方でネイティブに動作する「Universalアプリケーション」となるため、今回、Intel Macユーザーの環境下で実際に試してもらうこととした。