東芝(西田厚聰社長)は4月10日、HD DVD-ROMの再生ができる「HD DVD?ROMドライブ」を世界で初めて搭載したノートPC「Qosmio G30/697HS」を5月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は40万円前後の見込み。

 新たに搭載したのは、HD DVD-ROMの再生用とDVD/CDの記録再生用の光学系を1つの対物レンズで構成した「HD DVD?ROMドライブ」。HD DVD-ROMの再生だけではなく、DVD±R DLの2層書き込みやDVD?RAMへの書き込みもできる。また地上アナログと地上デジタルの2つのテレビチューナーを内蔵し、両方の番組を同時にHDDに録画できる。このほか1920×1200ドット表示対応の17V型ワイド液晶を搭載し、地上デジタル放送をはじめとするハイビジョンコンテンツも視聴できる。

 主な仕様は、CPUにデュアルコアのIntel Core Duo T2500(2GHz)、GPUにGeForce Go 7600を搭載。また、1GBのメモリを搭載し最大2GBまで増設可能で、HDD容量は240GB。外部インターフェイスにHDMI端子を装備しており、大型液晶テレビやプロジェクターなどに接続してハイビジョンのDVDコンテンツやデジタル放送を大画面で楽しむこともできる。