九十九電機(鈴木淳一社長)は、同社オリジナルPC「eX.computer(イーエックス コンピュータ)」の「Aero Stream(エアロストリーム)」シリーズで、デュアルコアCPU搭載の「B31J-6220D」とnVIDIAの最新グラフィックカードを搭載した「B30A-6260X」のデスクトップPCを2モデル発売した。

 「B31J-6220D」は、CPUにインテル Pentium Dを搭載した低価格デュアルコアCPUモデル。基本スペックはインテル 945G Express チップセット、Gigabyte GA-8I945GMF マザーボード、メモリ512MB、HDD 200GB、PLEXTOR製2層式メディア対応スーパーマルチDVD±RWドライブ。OSはMicrosoft Windows XP Home Edition SP2を採用した。価格は7万4800円。

 「B30A-6260X」は、米nVIDIA社が3月に発表した最新グラフィックカード「GeForce 7600GT」を搭載したのが特徴で3DゲームやCG、マルチメディア用途向けのモデル。基本スペックは、AMD Athlon 64 X2 プロセッサ 4200+、nVIDIA nForce4 Ultra チップセット、MSI K8N Neo4 FI マザーボード、メモリ1GB、HDD 250GB、PLEXTOR製2層式メディア対応スーパーマルチDVD±RWドライブ。OSにMicrosoft Windows XP Home Edition SP2を採用した。価格は13万9800円。

 いずれもBTOに対応し、CPU、HDD、メモリなど好みのスペックにカスタマイズできる。ボディカラーは、ブラック×クロムシルバーとオフホワイト×ダークシルバーの2色から選択できる。