日本ビクター(寺田雅彦社長)は4月6日、残像感を大幅に低減した37V型液晶テレビなど、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵の液晶テレビ「EXE(エグゼ)」シリーズ3機種を5月上旬から順次発売すると発表した。

 46V型「LT-46LH800」、37V型「LT-37LC85」、26V型「LT-26LC80」をラインアップした。価格はすべてオープン。実勢価格は「LT-46LH800」が58万円前後、「LT-37LC85」が38万円前後、「LT-26LC80」が21万円前後の見込み。

 3モデルともに、CPUの処理能力と画像の特徴検出精度を向上させた、独自のCPU搭載映像処理専用LSI「新ジェネッサ」を搭載。また全モデルともHDMI端子を装備し、「LT-46LH800」では2系統装備した。音質面では、新たに低域の音質を向上させる技術「Maxx Bass(マックベース)」を採用。外部スピーカーなどの接続なしに、迫力ある重低音を再現できるようにした。

 46V型「LT-46LH800」は、デジタル放送のハイビジョン信号フォーマット(1080i)をそのまま映し出す、水平1920×垂直1080画素のフルハイビジョンパネルを搭載。大画面でデジタルハイビジョン映像をありのままの美しさで楽しめる。5月上旬発売。

 37V型「LT-37LC85」は、世界最速の120Hzで駆動する「高速液晶ドライバー」を搭載し、残像感を大幅に低減したのが特徴。「高速液晶ドライバー」は、通常1秒間60フレームで構成されている映像を、高精度の補間アルゴリズムを使って120コマで表示できるようにすることで残像感を減らす技術。これにより、スポーツ番組や文字テロップなど動きの速い映像も明るく、クッキリ表示できる。5月中旬発売。

 26V型「LT-26LC80」は6月上旬発売。日本ビクターでは3機種合計で月産3万台を見込んでいる。