アップルコンピュータは4月5日、インテル製CPUを搭載したMacintosh上で、Windows XPを起動できるようにするソフト「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータ版を公開した。期間限定の試用版として、同社サイトから無料でダウンロードできる。

 「Boot Camp」は、ハードディスク上にWindowsをインストールするためのパーティションを作成したり、Windows用に必要なすべてのドライバを含んだCDを作成するなどして、MacへのWindowsのインストール作業を簡単にするソフト。Windowsのインストールが完了すると、コンピュータを起動した際、Mac OS XかWindows XPか、立ち上げるOSを選択できるようになる。

 Windows XPのインストールディスクはユーザー自身で用意する必要があり、シングルディスクバージョンのWindows XP Home Edition、Professional(Service Pack 2以降)が利用できる。

 この機能は、8月に公開予定の次期OS「Mac OS Xバージョン10.5」(コード名「Leopard」)にも、OSの一機能として盛り込まれる予定。なお、同社では、ユーザフィードバックは電子メールで受け付けるものの、「Boot Camp」のインストールや利用に関するサポート、Windows XPインストールディスクの販売やサポートなどは一切行わないとしている。