エレコム(葉田順治社長)は、USB接続のコンパクトテンキーパッド「TK-UOHシリーズ」「TK-UO2BHシリーズ」を4月下旬に発売する。価格は、USBハブを内蔵しないスタンダードモデル「TK-UOHシリーズ」が1890円、2ポートのUSBハブを内蔵した「TK-UO2BHシリーズ」が2520円。カラーはそれぞれシルバー、ブラック、ホワイトの3色。

 新製品は、タイピングしやすいキーピッチ16mmを実現したUSBテンキーパッド。テンキーの数字を入力するたびに、NumLock機能のオン/オフが切り替わる、いわゆる「NumLock問題」を解決する機能を本体に内蔵しており、対策ソフトをインストールすることなく使用できるのが特徴。ドライバのインストールも不要で、USBポートに接続するだけで使用できる。

 さらに、USB1.1対応のUSBハブを内蔵した「TK-UO2BHシリーズ」では、本体にマウスなどのUSB機器を2台まで接続でき、テンキーを使いながらUSBポートの数を拡張できる。

 本体サイズは、2シリーズとも幅78×奥行き115×高さ18.5mm。ケーブル長は0.8m。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98。