リアルネットワークス(ダグラス・カプラン社長)は4月4日、日本初の定額制インターネットラジオサービス「RealPlayer with RealMusic(リアルミュージック)」を5月上旬から開始すると発表した。料金は月額945円。

 「リアルミュージック」は、24時間、ストリーミング形式で音楽を配信するネットラジオを聴き放題できる定額制サービス。ソニー・ミュージックエンタテインメントなど大手レーベル十数社から楽曲の提供を受け、当初は、ポップス・クラシックなどの「ジャンル別ステーション」を75ステーション、洋楽・邦楽の人気アーティストなどの「アーティストステーション」を75ステーション、このほかコンセプトに基づいた選曲で流す「特集ステーション」など、合わせて約150ステーション用意する。曲数は未定。

 非インタラクティブ方式のため、楽曲のスキップ、一時停止、早送り、巻き戻しなどの操作はできないが、お気に入り登録(ブックマーク)などは可能。楽曲情報の表示も充実しており、また、有料サービスのため、広告は一切表示されない。

 楽曲の再生は、「RealPlayer」を使用する。無料版でも利用できるが、有償版のRealPlayerを利用している場合は月額788円と安くなる。決済はクレジットカードの予定。また、すべての機能を試せる2週間の無料お試し期間を用意する。

 今後は、外部販売サイトと提携し、楽曲の有料ダウンロード販売やパッケージ販売、ビデオオンデマンドサービス、ゲーム、コミュニティ機能なども追加する予定。