ソースネクスト(松田憲幸社長)は、Windows Media Player(WMP)専用のプラグインソフト「いきなり高音質」を4月28日に発売する。価格は1980円。

 WMPに組み込むことで、CDやMP3などの再生音にエフェクトをかけ、擬似的にサラウンド効果を得ることができるソフト。2つのスピーカーで5.1サラウンドのような臨場感のある音が得られる「3D STEREO」モードを搭載。通常の再生では、右耳にも左耳に届くはずの音が届いてしまうが、クロストーク除去技術を採用し、左の音を左耳に、右の音を右耳に分けて届けることで、立体的なサラウンド音響を体感できるようにした。

 ヘッドホンでは、低音・高音を補う「RICH」モードや、左右に広がるステレオサウンドを体験できる「WIDE」モード、強く鳴り響く立体的な臨場感が得られる「LIVE」モード、通常は耳から頭の中心に向かって鳴るサウンドを、耳の外側で鳴る自然な音に調節する「Natural」モードの4つの音響効果が楽しめる。またLITE、BASS、PROのプリセット選択やカスタム設定を行い、好みの音に調整することもできる。

 対応OSはWindows XP、2000で、Windows Media Player 9以上に対応する。