シャープ(町田勝彦社長)は、業界トップクラスの低消費電力を実現した20V型液晶テレビ「LC-20AX6」を4月21日に発売する。価格はオープン。実勢価格は15万円前後の見込み。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵したハイビジョン液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」の新モデル。水平1366×垂直768画素の独自のASV液晶高精細ハイビジョンパネルを搭載し、1200:1の高コントラスト比、500cd/m2の高輝度で、ハイビジョン放送を明るくメリハリある映像で楽しめる。応答速度は8msec。入出力端子は、PC入力端子をはじめ、モバイルオーディオ端子、D4映像入力端子、デジタル放送録画用出力端子、デジタル放送音声出力端子なども装備し、さまざまな用途で利用できるようにした。

 消費電力77W、待機時消費電力0.08Wで、年間消費電力量86kWhとなる省エネ設計も特徴。3月に発売した「LC-20EX1-S」の年間消費電力85kWhには及ばないものの、業界トップクラスの低消費電力を実現した。また、日本工業規格(JIS)で制定された規制対象物質の「鉛」「水銀」「カドミウム」「六価クロム」「ポリ臭化ビフェニール」「ポリ臭化ジフェニルエーテル」の6物質の使用を全廃したほか、電源コード、本体内配線で塩化ビニールの使用を廃止し、本体プリント基板は無鉛はんだを使うなど、環境にも配慮した。