楽天(三木谷浩史会長)は3月31日、南関東4競馬場の業務委託を受け、年内に馬券のインターネット販売業務を開始すると発表した。

 南関東4競馬場とは、浦和競馬場、船橋競馬場、大井競馬場、川崎競馬場のことで、馬券のインターネット販売が順調に伸びており、売得金額は地方競馬全体の過半数を占めている。

 楽天は今後ホッカイドウ競馬をはじめ、全国の地方競馬主催者との間でも馬券販売業務委託を進め、地方競馬全場の馬券を購入できるサービスを目指す。また地方競馬ファンを拡大することを主眼としたサービスを提供する。