アドバンスト・メディア(アドバンスト、鈴木清幸社長)とクロスランゲージ(古賀勝夫CEO)は3月31日、音声認識技術と機械翻訳技術を組み合わせた製品・サービスの開発で業務提携したと発表した。

 提携第1弾として、アドバンストの分散型音声認識システム「AmiVoice DSR」と、クロスランゲージの多言語翻訳サーバー「WEB-Transer(ウェブ・トランサー)」を連携させ、年内をめどに携帯端末を使った翻訳サービスを開始する。音声で文字入力を行い、その結果を外国語に翻訳するサービスで、まずは、日本語音声入力から英語文章へ翻訳する「海外旅行用」をリリースする。

 将来的には、「駐在者向け生活用」「ビジネス用」「技術者用」など、用途に応じたサービスも提供し、中国語や韓国語など、対応言語も広げる予定。携帯端末に加え、パソコンを利用した翻訳サービスの提供も予定している。