みずほ銀行(杉山清次頭取)とトレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は3月30日、みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」のセキュリティ強化で連携すると発表した。

 みずほ銀行(杉山清次頭取)とトレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は3月30日、みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」のセキュリティ強化で連携すると発表した。

 みずほ銀行は、4月3日から「みずほダイレクト」の利用者を対象にトレンドマイクロの総合セキュリティソフト「ウイルスバスター2006」、スパイウェア対策専用ソフト「スパイバスター2006」の期間限定版を収録したCD-ROMを店頭などで無料配布する。

 「ウイルスバスター2006」は、Winnyを通じて感染を拡大し、情報漏えいを引き起こすウイルス「Antinny」にも対応している。「ウイルスバスター2006」は90日間、「スパイバスター2006」は30日間、無料で使用することができ、その後は製品版へ有料アップグレードすることで継続使用できる。

 また、みずほ銀行では、4月上旬から自社のホームページ上にトレンドマイクロのインターネットセキュリティサイト「インターネット セキュリティ ナレッジ」へのリンクを設置。ウイルスやネット犯罪などの情報提供にも力を入れる。