三菱電機(野間口有社長)は3月30日、液晶テレビ「REAL」の新モデル4機種を発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 ラインアップは、37V型液晶の「LCD-H37MX60」(実勢価格:33万円前後、4月21日発売)、32V型液晶の「LCD-H32MX60」(25万円前後、4月21日発売)、32V型液晶の「LCD-H32MX55」(23万円前後、5月10日発売)、26V型液晶の「LCD-H26MX60」(21万円前後、4月21日発売)の4モデル。

 いずれも地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵。部屋の明るさを検知して画面の輝度やコントラストを自動設定できる。さらに、視聴するユーザーの年齢層に合わせて最適な明るさを設定できる「家庭画質モード」を業界で初めて搭載した。

 画面が左右30度ずつ振り向くことで見やすい角度に調整できる「オートターン機能」も搭載。新たに開発した高画質回路「Diamond EngineIV」を採用し、デジタルハイビジョン特有のノイズを軽減、コントラストに富んだ色にじみが少なく鮮明度の高い映像を表示する。また、「DIATONE」のダイレクトドライブフラットスピーカーを装備し、中高音域が伸びやかでリアルな音質が楽しめる、なお、「LCD-H32MX55」はHDMI端子、オートターン機能、DIATONEスピーカーを搭載していない。