レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は、「レノボ」ブランドPC「Lenovo 3000」シリーズに初めてデュアルコアを搭載した新機種「Lenovo 3000 N100 Notebook」2モデルを4月4日に発売すると発表した。

 レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は、「レノボ」ブランドPC「Lenovo 3000」シリーズに初めてデュアルコアを搭載した新機種「Lenovo 3000 N100 Notebook」2モデルを4月4日に発売すると発表した。価格は14.1V型TFT液晶と80GBのHDDを搭載した「06892KJ」が14万2800円、15.4V型TFT液晶と100GBのHDDを搭載した「076855J」が16万1700円。

 いずれもSOHO向けノートPCで、明るく鮮明な画面表示ができるVibrantViewのTFTワイド液晶を搭載。指紋センサーも装備し、ユーザー認証を簡略化した。また生産性向上ツール「Lenovo Care」を搭載し、さまざまなネットワーク環境で設定を簡単に切り替えたり、HDD内のバックアップ機能などを備える。

 主な仕様はCPUがCore Duo T2300(1.66GHz)、メモリは512MBで最大2GBまで増設可能。OSはWindows XP Home Edition SP2。PCカードスロット、マルチカードリーダー、4つのUSB2.0対応ポート、2層書込対応のDVDスーパーマルチドライブなどのほか、IEEE802.11a/b/gに準拠した無線LAN機能を装備する。