エレコム(葉田順治社長)は、マウスの収納ボックスがレシーバーになるワイヤレスマウス「M-MBDURシリーズ」を4月上旬に発売する。価格は4410円。

 収納ボックスにマウス本体とUSB端子が収められており、マウスを取り出し、USB端子をPCのUSBポートに差し込むだけでワイヤレスマウスとして使うことができる。マウス本体を収納ボックスに納めると自動的に電源が切れるため、電池消費を抑えられる。

 収納ボックスは幅58×奥行き87×高さ28.5mmで、折りたたみ式の携帯電話とほぼ同じサイズ。マウス本体は電源に単4形乾電池を2本使用する。対応OSはWindows XP、2000、Me、98。色はブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色。