オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は、本体のUSBコネクタでパソコンに直接接続できるICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック) V-11」を4月7日に発売する。価格はオープン。実勢価格は1万1000円前後の見込み。

 USBコネクタを搭載した本体を電池部分から分離できる「セパレート型デザイン」を採用。USBケーブルを使うことなく、本体をダイレクトにPCに接続できる。

 録音方式はWMAフォーマットで、64MBの内蔵メモリに最長27時間20分の録音が可能。PCからWMAファイルをレコーダーに転送し、高音質ステレオモードで再生することもできる。このほか、聞きたい箇所をすばやく探せる「インデックスマーク」記録機能や、文字起こし・語学学習に便利な「早聞き・遅聞き再生機能」などを搭載した。

 USBストレージクラスに対応しており、USBメモリとしても使用可能。電源は単4電池1本で、約13時間の録音、約6時間の再生が行える。サイズは長さ94×幅40×厚さ15.1mm、重さは54g。