エレコム(葉田順治社長)は、画質の劣化を抑えながら、1台のモニタで複数のPCを切り替えて使用できる電子式VGA切替器「DTSP2-VGAシリーズ」を4月中旬に発売する。1台のモニタを2台のパソコンで共有できる2回路タイプ「DTSP22-VGA」は5775円、最大4台共有できる4回路タイプ「DTSP24-VGA」は7350円。

 モニタとPCの映像ケーブルをVGA切替器に接続すれば、スイッチ操作だけで、選択したパソコンの映像をモニタに表示できる。対応解像度は1920ドット×1440ライン、帯域幅250MHzで、ほとんどのPC、モニタで使用可能。また、横置きスタイルで映像ケーブルやコネクタの重みで転倒しないようにした。

 付属のACアダプタでPCから独立して電源供給が行えるため、安定して画質を表示できる。電源はスイッチを使ってオン・オフが可能で、節電効果も見込める。サイズは、幅180.5×奥行き66.1×高さ44mm。

 これまではVGA切替器を使用した場合、外部ノイズと回路抵抗で画質が劣化する恐れがあった。一方、新製品は増幅回路を内蔵した電子式を採用することで、外部ノイズの影響と切替時の映像の乱れや画質の劣化を抑えた。