トリスター(小俣信彦社長)は、個人情報・機密データの完全抹消、誤消去データを完全復元できるユーティリティソフト「抹消・復元シリーズ」4製品を3月31日に発売する。

 「POWER RECOVERY 復元プロ」は、操作ミスやトラブルで消失したデータを復元する。100種類のファイル形式に対応し、大容量ドライブの復元に適した超高速復元機能を搭載するほか、高度な復元能力で断片化したファイルの復元も可能。価格は1万4490円。

 「POWER ERASER 抹消ハードディスク」は、PCの廃棄や転売時に顧客情報や契約書などの重要なデータが流出しないよう、HDDを一括で抹消できるソフト。価格は1万1340円。

 「POWER ERASER 抹消プロ」は、ファイルやフォルダ、MOやメモリカード、インターネットのクッキー情報などのデータを抹消できるソフト。「POWER ERASER 抹消ハードディスク」を同梱する、価格は1万4490円。

 また、「POWER ERASER 抹消プロ」と「POWER RECOVERY 復元プロ」をセットにしたパッケージ「復元・抹消2本セット」も用意した。価格は1万8690円。

 対応OSは「復元プロ」と「抹消プロ」がWindows XP、2000、Me、98SE。「抹消ハードディスク」はWindows、Linux、MS?DOS。