リンクスインターナショナル(リンクス、川島義之社長)は、米Antec社製の静音3Uラックマウントケース「Take3」を4月中旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は3万9800円前後の見込み。

 「Take3」はレコーディングスタジオ向けに開発された静音ラックマウントケース。システムから電源ユニットを隔離した設計を採用。電源ユニットとシステムを別々の冷却ゾーンに設置することでシステムからの熱伝導を防ぎ、動作音を抑制した。

 また、静音電源ユニット、速度調節付き静音ファン、HDDのノイズを吸収するラバーグロメットを使用するなどなど静音性にも配慮した。カギ付きのフロントパネルを備えており、ロックすることで電源、リセットスイッチ、ドライブ、USBコネクタなどへのアクセスを防げる。

 ATX規格のマザーボードが搭載可能で、搭載電源は「SP2-450SXR」450W。リアに92mm TriCoolファン×1、サイドに120mm TriCoolファン×1。フロントポートはUSB2.0コネクタ×2、IEEE1394×1を備える。

 利用可能なドライブベイは5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×3。拡張スロットは7つ。本体サイズは幅431.8×奥行き520.7×高さ132.1mm。重さは約11.6Kg。