KDDI(小野寺正社長兼会長)とテレビ朝日(君和田正夫社長)は3月23日、モバイル端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」と携帯電話を連動させた実験サービスを06年4月から共同で順次行うと発表した。

 KDDI(小野寺正社長兼会長)とテレビ朝日(君和田正夫社長)は3月23日、モバイル端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」と携帯電話を連動させた実験サービスを06年4月から共同で順次行うと発表した。

 実験は、テレビ朝日が4月から放送予定のワンセグ番組連動データ放送を使い、「ワンセグ」と、KDDIが提供するEZweb上のさまざまなサービスが連動する試験サービスを通じて、「テレビやデータ放送の広告展開と連動するプロモーション」「テレビショッピング・番組関連商品などのオンラインショッピング」「テレビ朝日の番組と連動したオンラインコンテンツの展開」について検証する。

 プロモーション分野では、音楽番組「オンタマ-音魂-」で、番組提供会社のプロモーションキャンペーンと連動したコンテンツを展開し、テレビ広告との連携の実効性を確かめる。また、オンラインショッピング分野では、情報番組「ちい散歩」のショッピングコーナー、ショッピング番組「セレクションX」で紹介する商品の注文を携帯電話で受け付け、テレビショッピングへの販売動向を調べる。

 このほか、ドラマ「7人の女弁護士」など、番組連動データ放送を付加した番組で、テレビ朝日の携帯電話向けサイト「テレ朝コンプリート」などのオンラインコンテンツとの連携を行い、利用動向への影響を検証する。

 両社では、まずは試験的にサービスを開始。収益などを含めた商用化のめどがついた段階ですぐに正式サービスに移行する考え。