GMOメディア(森輝幸代表取締役)は、同社のメーリングリストサービス「FreeML」をリニューアルし、3月22日から新サービス「みんなのHappyコミュニティ!freeml」を開始した。

 「みんなのHappyコミュニティ!freeml」では、これまでユーザーニーズの高かった「日記機能」や「コミュニティ機能」などを追加することで、会員同士が友達としてリンクし合えるのが特徴。デザインも一新し、親しみやすさと利便性も高めた。

 「日記機能」では、自身の日記をつけられるほか、友達や他の会員が書いた日記も閲覧可能。写真(画像)掲載やタグ(関連するキーワード)付け、タグを使った検索なども行える。日記記事ごとに公開する会員を設定することもできる。

 「コミュニティ機能」では、サークルのようにメンバーを募集し、メンバー間で情報交換ができる「トピック(掲示板)機能」などのコミュニケーションツールを装備。コミュニティやトピックそれぞれにタグやカテゴリを設定でき、タグを使った検索や、タグを軸に日記やフォト機能とも連携できる。

 このほか、フォトや画像を投稿し、会員同士での公開やコメントを書き合える「フォト機能」、メールアドレスを知らない会員同士でもWeb上でメッセージを送受信でき、セキュリティに守られた会話が楽しめる「メッセージ機能」、メンバー全員に同一内容のメールを一斉送信できる「メーリングリスト機能」なども搭載した。

 同社では、今後も継続して新たなサービスや機能の拡充を図る予定。また、コンテンツ提供やマッチング広告提供を行うなど、広告収益モデルの構築を目指す。