シャープ(町田勝彦社長)は3月16日、携帯電話などの小型モバイル機器向けに、光学系サイズ1/11型で業界最小・最薄となる11万画素CMOSカメラモジュール「LZ0P396D」を開発、06年4月から量産出荷を開始すると発表した。サンプル価格は1200円。

 独自の高密度設計技術で光学系の設計や成型精度の向上、低背化を図り、業界最小となる0.07ccのモジュールサイズ、2.43mmの厚さを実現した。縦横サイズはともに5.5mm。また、CIFフォーマットで1秒間に30フレームの動画撮影が可能。

 第3世代(3G)携帯電話でテレビ電話機能に必要な2台目のカメラなど、機器の限られたスペースに搭載可能な超小型カメラモジュールとして提供する。シャープでは月産40万個を計画している。