マイクロソフト(MS、ダレン・ヒューストン社長)は、Telecom-ISAC Japan(日本データ通信協会、テレコム・アイザック推進会議)の要請を受け、3月15日から、Winny(ウィニー)に感染する暴露ウイルスAntinny(アンティニー)ワームの対応を強化するとともに、Winnyに関するセキュリティ情報をWebで公開したと発表した。

 今回、米国時間で毎月第2火曜日(日本時間では水曜日)に配信するウイルス・ワーム駆除ツール「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を更新。3月15日時点で、情報漏えいに関連する43の暴露ウイルス駆除が可能となった。今後は対応ウイルスの拡大にともない改良は毎月行う。企業や家庭でのWinny利用の注意点も公開。イラストなどを使って、セキュリティ上の脅威や対策方法などを説明している。

 「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」は、従来のウイルス対策ソリューションを補完し、ウイルス、ワームや変種に対する完全な保護を行うプログラム。「Microsoft Update (Windows Update)」サイトや自動更新機能、「悪意あるソフトウェアの駆除ツール」をWebページからダウンロードすることで、確認されているAntinnyワームなどの暴露ウイルスを駆除できる。「Windows Server Update Services(WSUS)」からの利用や、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」単体実行版の使用もできる。