セイコーエプソン(花岡清二社長)は3月15日、Photo Fine Player「P?4500」を4月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は7万円台の見込み。大画面3.8型の高精細液晶ディスプレイ「Photo Fine」と大容量80GBのHDDを搭載したのが特徴。

 「P?2000/P?4000」の上位機種で、デジタル一眼レフカメラなどのデータを大量に保存し持ち運べるストレージ機能に加え、保存した画像や映像を高精細液晶「Photo Fine」で鑑賞できる。

 高精細液晶「Photo Fine」ではLCDバックライトを新たに設計、約1.5倍の高輝度化を実現した。最大表示画素数は3000万画素で、2000万画素クラスのJPEGファイルでも約3秒で表示できる。1GBメモリカードからHDDへのファイル転送時間を最速で約155秒と、従来比約2.5倍に高速化した。

 このほか、好みの画像をグルーピングする「タグ機能」や、他人に見られたくない画像をフォルダごと非表示にするプライベート機能なども搭載した。