松下電器産業(中村邦夫社長)は、DVDレコーダーで録画したディスクも高画質で再生できるDVDプレーヤー「DVD-S50-S」を4月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後の見込み。

 市販のDVDソフトをはじめ、DVD-RAM、DVD-R、 DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、2層式DVD-R、2層式DVD+Rまで幅広く再生できるのが特徴。DVD-Rは、デジタル放送のCPRM著作権保護にも対応する。

 また、動きの速いスポーツ番組なども高画質で再生できる「アドバンスト・プログフレッシブ」(108MHz/12bit映像DAC)や、画面の乱れを抑える「デジタル・ノイズ・リダクション」機能も搭載した。