アロシステム(大野三規社長)は、パソコン工房ブランドの組み立てキット「TRAZ MT700X2」を3月11日に発売した。価格は13万4800円。

 日経BP社の書籍「パソコンの自作」との共同企画キットで、CPUにAthlon 64X2 3800+を搭載したのが特徴。このほかマザーボードにASUSの「A8N?VM CSM」、ハードディスクはSeagateの「S?ATA 160GB」、メモリには「PC?3200 1GB」、電源にはAcBel製500Wを採用した。またケースはコンパクトな設計のAbeeの「AS Enclosure S1」とした。

 なお、Pentium Dを搭載した「TRAZ MT701」とPentium 4を搭載した「TRAZ SL501」も同日に発売した。価格は「TRAZ MT701」が7万9980円、「TRAZ SL501」が6万5980円。