総務省は3月13日、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「地方総合通信局等SNS ―SNS for Ministry and Local bureaus―(SMILE)」を開設し、試行運用を開始したと発表した。システム構築にはNTTPCコミュニケーションズ(NTTPC、石田守社長)が提供するASP型の「SNS構築サービス」を利用した。

 おもに総務省と地方総合通信局などの担当職員が、日々の業務についての書き込みや閲覧を行い、問題意識や情報の共有、意見交換などを行うのが目的。

 試行期間は3月13日から9月末日まで。情報通信に関する担当職員200人ほどの参加を予定している。