アロシステム(大野三規社長)は、パソコン工房ブランドのインテル Core DuoプロセッサT2300(1.66GHz×2)搭載ノートパソコン「BTO Lesance CL515GN?DUO」を3月10日に発売した。最小構成価格は12万7980円。

 最新のCPUコア2つを内蔵したデュアルコアCPUを搭載し、デュアルコア対応アプリケーションほか、通常処理も高速で安定している。CPU、HDD、メモリを自由に選択可能なBTOに対応し、CPUはCore DuoプロセッサT2600(2.16GHz×2)までアップグレードが可能。

 ノートタイプながらいちはやくシリアルATA(150Gbps)HDDを採用。メモリは512MBのDDR2 533からPC2?5300(DDR2 667)にアップグレードできるなど、最新アーキテクチャを数多く搭載。また、従来のPCカードスロットの代わりに、PCI?Express接続のExpressカード34/54に対応した。15型XGA(1024×768画素)光沢液晶を搭載し、DVDなどの動画再生にも適している。