ロジテック(葉田順治社長)は、「Bluetooth 2.0+EDR」対応の小型USBアダプタ“Dialiveシリーズ”「LBT-UA200C1」を3月中旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は3780円前後の見込み。

 「LBT-UA200C1」は「Bluetooth2.0+EDR(Enhanced Data Rate)」に準拠。同規格は従来のBluetooth1.2よりもデータ転送速度が約3倍に向上しており、最大半径100mの距離でのワイヤレス接続が可能。

 新製品はWindowsで18種類、Macintoshは7種類のプロファイルに対応する。Bluetooth非搭載のPCに接続することで、PCを基点としたワイヤレス接続環境を構築できる。また、付属のWindows用ソフト「BlueSoleil」を利用すると接続可能なBluetooth搭載機器を8台までウィンドウに表示。表示されたアイコンをクリックすることで、簡単にBluetooth搭載機器と接続が行える。

 サイズは、幅19.8×奥行き58.7×高さ9.8mm、重さ8g。USBバスパワー対応。電気・電子機器に対する特定有害物質の使用制限を目的としたEC(欧州連合)の「RoHS指令」にも準拠している。