米マイクロソフト(米MS)は米国時間3月9日、開発コード名「Origami」として開発を進めていた小型PC「UMPC(ウルトラモバイルPC)」を発表した。

 「UMPC」は入力方法にタッチスクリーン、タッチペン、専用ボタンを採用し、Windows用のアプリケーションを屋外でも利用できるようにした携帯型の小型PC。OSには、「Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005」。

 また、「Microsoft タッチパック for Windows XP(タッチパック)」と呼ばれるソフトを新たに搭載。タッチスクリーンのユーザーインターフェイスを改善し操作性をさらに高めた。「タッチパック」にはソフトをカテゴリ別に整理できるソフト「Program Launcher」をはじめ、親指操作用のスクリーンキーボード、ゲームソフト「Microsoft Sudoku」などが内蔵する。

 CPUはインテルのCeleron M、Pentium M、台湾のVIAテクノロジーズ社の「VIA C7-M」、30-60GBのHDD、有線・無線LANやブルートゥースといった通信機能を搭載、ディスプレイのサイズは7インチ、重さは0.9kg、バッテリーの駆動時間は2.5時間以上となる予定。

 価格は599ドル(約7万2000円)-999ドル(約12万円)程度になる見込み。インテル製のCPU搭載モデルはFounder社とサムソンが2006年第2四半期、ASUSがその後発売、VIA製CPUモデルはTabletKiosk社とPBJ社が、2006年第2四半期に発売する予定。また、第1世代UMPCは「Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005」を使用するが、第2世代以降はWindows Vistaになる見通し。