エレコム(葉田順治社長)は、キヤノン製インクジェットプリンタ専用の詰め替えインク「THC-9BKシリーズ」を3月中旬に発売する。

 消費の多い黒インク「BCI-9BK」カートリッジに対応。高濃度顔料ブラックインクを採用し、モノクロ文書をくっきりシャープにプリントできる。また、簡単ノズルの採用で、初めてでも簡単にインクを詰め替えられるようにした。対応プリンタは、PIXUS iP5200R/iP7500/iP4200/MP830/MP950/MP800/MP500。

 詰め替え回数に応じて選べるよう、2回詰め替えタイプ「THC-9BK2」、4回詰め替えタイプ「THC-9BK4」、6回詰め替えタイプ「THC-9BK6」の3種類を用意した。価格は、「THC-9BK2」が1155円、「同9BK4」が1890円、「同9BK6」が2520円。