米シーゲイト・テクノロジーは3月10日、垂直磁気記録方式を採用した12GBを発表した。06年第3四半期から出荷を開始する。

 同社が現在販売している垂直磁気記録方式の1インチHDDに比べて23%小型化を達成しながら、ストレージ容量は50%増大、消費電力は30%低減した。耐久性を高め、携帯機器が求める機能を実現する新しいドロップ・センサーもオプションで提供する。

 これまでで最大となる12GBを40×30×5mmの省スペース型を実現。また、電力効率が30%向上し、電源や機器の使用時間の選択肢が広がった。デジタルオーディオプレイヤー、ポータブルメディアプレイヤー、携帯電話向けの市場を狙う。

 操作時の耐衝撃性が33%向上して2000Gになり、ドライブを組み込んだ機器が固いコンクリートなどに1.5メートルの高さから落下した場合でも損傷を避けることができる。