ベンキュー ジャパンは、DVD±R最大16倍速の書き込み速度を実現した記録型DVDドライブ「BenQ DW1650」を3月14日から発売する。価格はオープン。実勢価格は5980円前後の見込み。

 ベンキューとフィリップス社の合弁企業であるPhilips BenQ Digital Storage社製。CAV方式を採用し、連続したスピードで高速記録を実現した。書き込み速度は、DVD±Rが16倍速、DVD-RWが6倍速、DVD+R DL、DVD+RWが8倍速、DVD-R DLが4倍速、CD-Rが48倍速、CD-RWが32倍速。

 高速記録の時にも常に安定した書き込みができるのが特徴。ベンキュー独自の高速信号処理アルゴリズムを開発し、高速書き込み時にしばしば発生する高帯域での信号損失を制御管理する。

 品質の保証されていない記録メディアに対して自動的に最適な記録方式を認識する独自技術「BenQ SolidBurn テクノロジ」を搭載。自己学習する機能が盛り込まれ、未登録の記録メディアに対する記録品質が大幅に向上した。

 また、DVD-ROM 化マネージメント機能や記録ディスク品質チェック機能などをまとめた独自のユーティリティソフト「Qsuite」を搭載し、最新の技術を活用することが可能。サイズは奥行きを178mmで、省スペースPCにスムーズに設置できる。対応OSはWindows 98/ME/2000/XP。