デノン(今西國雄社長)はiPod用コントロールドック「ASD-1R」を3月下旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は1万2800円前後の見込み。

 コントロールドックとiPodを接続し、デノンのシステムコネクタを搭載したミニシステムコンポや専用Dockコントロール端子を装備したオーディオ機器とつなぐことでiPodに保存している音楽を再生、スピーカーなどから出力して楽しむことができる。接続したオーディオ機器に付属しているリモコンでiPodを操作することも可能。S映像出力端子も装備しており、スライドショーや動画再生対応のiPodであれば、写真や映像をテレビに出力することもできる。

 また、デノンの専用Dockコントロール端子を装備した機器を使うことで、メニューやトラック名といったiPodのテキスト情報をディスプレイ画面やオーディオのフロントディスプレイに表示できるほか、バッテリーも自動的に充電できる。

 サイズは幅104×高さ28.5×奥行き76.5mmで、Dockコネクタを装備したiPodに対応する。ただし、第3世代のiPodとの接続には、アップルコンピュータが販売するDockアダプタが別途必要となる。色はホワイトとブラック。