ホロン(脇坂龍治社長)は、記憶力と思考力を高める能力開発ソフト「大人のためのIQティーチャー 頭脳活性編」を4月7日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3990円の見込み。

 概念・図形・記号の3つのジャンル、考える力を鍛える「思考」と覚える力を鍛える「記憶」の2カテゴリの計6分野のトレーニングを収録。各分野10種類のゲームを通じて脳を活性化できる。ゲームは、しりとり、言葉の計算、絵画回転、桂馬飛び、「同じ絵と違う絵」など、さまざまなものを用意する。

 テスト結果は、レーダーチャートと文章でわかりやすく解説。IQチェックで推定IQと適性を診断できる。分野別の指数では、苦手・得意分野、職業や学問の適正などを知ることも可能。また、結果をチェックすることで、自分に合ったトレーニングを把握できる。

 ソフトは、赤堀侃司東京工業大学教授を総監修に、「百ます計算」の尾道市立土堂小学校の陰山英男氏を監修に迎えて開発した。トレーニング部分の監修は、1945年に日本で初めて知能教室を開設した知能研究所が担当している。