情報処理推進機構(IPA、藤原武平太理事長)は3月9日、セキュリティベンダーのシマンテック、トレンドマイクロ、マカフィーと共同で、国内の情報ネットワークに混乱が発生した時や、発生の恐れがある緊急時に、相互に連携・協調して活動できるよう連絡体制や情報共有体制を整備したと発表した。

 緊急時の連絡体制の整備のほか、情報ネットワークに多大な混乱をきたす恐れのあるウイルスなどの情報共有、IPAでの情報集約と情報提供の強化、緊急時における情報提供の相互協力などを行う。これにより、緊急時は、ホームページ、電話、FAXによる情報発信を行うとともに、報道機関などへの情報提供を迅速に行えるようになる。