東芝(西田厚聰社長)とキヤノン(御手洗冨士夫社長)は、次世代薄型ディスプレイ「SED(表面電界ディスプレイ)」の生産開始を07年7月、同SED搭載テレビの発売を07年第4四半期に延期すると発表した。

 SEDテレビは今春発売の予定だったが、2社では北京オリンピック開催や世界的にデジタル放送への完全移行が進む08年以降に本格的な需要拡大が見込まれると判断。プラズマ、液晶の価格下落の影響もあり、量産と製品の発売を先送りすることにした。今後はSEDテレビの販売時期を08年の北京オリンピック商戦をターゲットにして、商品投入を進める計画。