東芝松下ディスプレイテクノロジー(藤田勝治社長)は3月8日、少ない消費電力で駆動するモバイルPC用TFT液晶ディスプレイの液晶駆動技術をインテルと共同で開発したと発表した。

 開発したのは「D2PO(DYNAMIC DISPLAY POWER OPTIMIZATION」と呼ばれる技術。東芝松下ディスプレイが開発した液晶技術「マルチフィールド駆動法」とインテルの次世代ノートPC用の「インテル・セントリーノ・デュオ・モバイル・テクノロジ」と組み合わせて使うことで、従来よりも最大32%の消費電力を削減した。

 「マルチフィールド駆動法」はブラウン管で利用されている1本おきに半分を最初に描写し、続いて残りの半分を描写するインターレス(飛び越し走査)と同様の方式で液晶画面を表示する技術。

 東芝松下ディスプレイとインテルでは今後、さらに開発を進め、2007年には製品化する計画。