カシオ計算機(樫尾和雄社長)は3月7日、有効画素数600万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z60」を4月14日に発売すると発表した。色はシルバーとレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 カシオ計算機(樫尾和雄社長)は3月7日、有効画素数600万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z60」を4月14日に発売すると発表した。色はシルバーとレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 「EXILIM」シリーズのエントリーモデルで、通常の機能表示メニューに加え、初心者の操作性向上を考慮して必要最小限の撮影機能だけを表示する「easyモード」を搭載したのが特徴。

 モニターには、見やすい2.5型の大型カラー液晶を搭載。また、手ブレと被写体ブレを軽減する「アンチシェイクDSP」や、色のあせた古い写真を鮮やかに撮れる「よみがえりショット」などの撮影機能も備える。

 サイズは幅95.2×高さ60.6×厚さ19.8mm。上部側面にスリムさを強調する丸みを施し、薄型コンパクトなデザインを際立たせた。