ベンキュー ジャパン(李錫華社長)はワイヤレス機能を搭載したDLP方式の世界最小プロジェクタ「CP120」を発売した。価格はオープン。実勢価格は19万8000円前後の見込み。

 幅218×奥行き172×厚さ61mm、重さは1.3kgとB5サイズに収まる大きさで、フィリップス社製のランプを採用し、パーツの小型化と設計の見直すことでワイヤレス機能を持つプロジェクタで世界最小を実現した。

 無線機能はIEEE802.11/a/b/g規格対応の無線LANを内蔵し、PCとワイヤレスで接続することが可能。付属のソフトを使用すれば複数のPCと接続し、切り替えて利用することもできる。

 投射、投影ともに同社初となる独カールツァイス社製レンズを採用。ガンマ曲線調整機能やカラーホイール比率調整機能など独自のカラーマッチング技術と組み合わせ、高精細な画像とデータの色彩を的確にスクリーンに再現できるようにした。輝度は1500ルーメン、コントラスト比は2000:1。ベンキューでは営業でのプレゼンテーションなどでの利用を見込み、法人を主なターゲットに販売する。