大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は3月2日、店頭の商品に付けられた2次元コードをカメラ付き携帯電話で読み取ることで、商品に関連した情報を液晶画面に表示し、画面情報をクリッピングするように蓄積・整理して、いつでも閲覧できるシステムを開発したと発表した。

 同システムに対応した2次元コードを店頭の商品や商品棚に取り付け、その2次元コードに対応した詳細情報をサーバーに登録する。2次元コードには、店舗・商品コードなどが含まれているため、同じ商品でも店舗により違う情報を登録することも可能。

 利用者は、同システムで使用するソフトウェアを、サーバから自分の携帯電話にダウンロード。ダウンロードしたソフトウェアには個別のIDが自動的に付与され、サーバーには、そのIDに対応した個人別のフォルダが設定される。携帯電話のソフトウェアを起動して、商品に付けられた2次元コードを読み取ることで自動的にサーバーに接続し、取得した詳細情報が携帯電話の液晶画面に表示される。

 通常の2次元コードは、携帯サイトのアドレスのみを表す。これに対し、同システムは、閲覧した情報が、サーバ上の個人別フォルダに蓄積されるので、一度閲覧した情報を、いつでも閲覧が可能。利用者にとっては、購入したい商品リストの作成や、類似した商品を比較検討するなど、ショッピングを支援するツールとして活用できるなどのメリットがある。

 導入企業は、ある時点で販売に至らなかった場合でも、顧客の携帯電話に商品情報を残せるため、これまでより高い販促効果が見込める。また、「ある商品に興味を持った顧客が、それ以外のどのような商品に興味を示すか」といった分析が可能で、マーケティングツールとして活用できる。小売業、展示会・イベント・企業ショールーム、出版物などさまざまなシーンでの応用に期待が集まる。

 今後、小売店や展示会などで実証実験を行い、07年度の実用化を目指す。また、雑誌などでの利用を視野に入れ、2次元コードのほか、商品写真などを直接読み取っても詳細情報を得られる画像認識システムへの対応も計画している。