オン・デマンド・ティービー(梶原浩社長)は、ハイビジョン映像と立体的な音響効果の5.1chサラウンドによるビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスを6月下旬から開始すると発表した。全国規模でハイビジョン、5.1chサラウンドのVODサービスを提供するのは世界初。

 当初は、国内外の映画作品を中心に200本ほどのハイビジョンVODコンテンツを提供。コンテンツ数は06年度末までには500本まで拡大する。サービスの開始にあたり、従来のMPEG-2対応専用受信機(STB)に加え、VOD作品をハイビジョンと5.1chサラウンドで楽しむことができるH.264対応の専用STBを採用。音声圧縮率の高いAACにも対応するため高音質の出力も可能。

 MPEG-2フォーマットのコンテンツも視聴できるほか、IEEE802.11aの無線LANも搭載する。同社が指定する無線アダプタと無線アクセスポイントを使用することで、家のどこでもVODサービスを利用できる。受信機の価格は3万1500円。

 「オンデマンドTV」は、NTT東西の「フレッツ」サービスを利用して、家庭のテレビに映画やアニメなどのビデオ映像と専門チャンネルを提供するサービス。専用STBを接続するだけで、高画質で安定したデジタル映像を楽しむことができる。同社は今後、チャンネルサービスでもハイビジョン品質によるサービスを展開していく予定。