リコー(桜井正光社長)は、光学7.1倍のズームレンズと手ブレ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ)R4」を3月17日に発売する。価格はオープン。実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 リコー(桜井正光社長)は、光学7.1倍のズームレンズと手ブレ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ)R4」を3月17日に発売する。価格はオープン。実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 有効513万画素CCDを搭載した「Caplio R3」の後継モデルで、より高精細に撮影できる有効604万画素CCDの採用に加え、バッテリーの長寿命化、15万画素の2.5型液晶の搭載などで画質と使い勝手を高めた。

 ズームレンズは、35mmフィルム換算で焦点距離が28-200mmの7.1倍光学ズーム。最短1cmでのマクロ撮影も可能。また、手ブレを感知すると、CCDがブレを打ち消す方向に動いて補正する独自のCCDシフト方式手ブレ補正機能を装備しており、シャッタースピード2-3段分の手ブレ防止効果が得られる。独自アルゴリズムによって、ななめの位置から撮影した画像を正面から撮影したように補正する「ななめ補正機能」も搭載する。

 ボディサイズは幅95×高さ53×厚さ26mm。重さは135g。カラーは、シルバーとブラックの2色を用意する。