バッファローは、指先サイズの超小型メモリーカード「microSDカード」を発売する。容量128MBの「RMSD-128M」を3月上旬に、256MBの「RMSD-256M」を3月中旬に出荷開始する予定。価格はオープンで、実勢価格は128MBが3480円、256MBが4980円前後の見込み。

 microSDカードは、従来のSDメモリーカードに比べて体積比およそ10分の1となる小型のメモリーカード。小型化が進む携帯電話などでの採用を見込んでいる。

 今回製品化した「RMSDシリーズ」は、「SDMI」が定める著作権保護機能に準拠。転送速度はリード6MB/sで、付属の変換アダプタを使えば、SDメモリーカード、miniSDカードとしても使用できる。カード本体のサイズは、幅11.0×奥行1.0×高さ15.0mm。重量は約0.4g。