インクリメントPは、メールとGPS機能付き携帯電話を利用して相手の現在地を簡単に確認できる新機能「どこです?メール」の提供を開始した。相手の場所を知りたい側(送り手側)がメールを送り、そのメールを受け取った相手(受け手側)がメールを返信することで、受け手側が今いる場所を地図で確認できる。

 インクリメントPは、メールとGPS機能付き携帯電話を利用して相手の現在地を簡単に確認できる新機能「どこです?メール」の提供を開始した。相手の場所を知りたい側(送り手側)がメールを送り、そのメールを受け取った相手(受け手側)がメールを返信することで、受け手側が今いる場所を地図で確認できる。

 まず送り手側が 携帯向け「MapFan」からメールを送信。そのメールを受け取った側は、携帯電話のGPS機能を利用してメール本文のURLリンクからピンポイントで位置情報を取得。その結果を相手にメールで返信して現在位置を知らせる仕組み。インクリメントPが運営する地図サイト「MapFan Web」からも、送り手側として同機能を利用できる。

 同社が三井物産と共同で運営する、iモード向け地図検索サービス「iMapFan」、EZweb向け「ケータイ地図MapFan」、ボーダフォン向け「ケータイ地図MapFan」で提供する。

 料金は送り手側、受け手側ともに無料。位置情報の取得やメールの送受信、地図表示などには別途パケット通信料が発生する。受け手側の対応端末は、NTTドコモのF661i、F505iGPSなど、GPS機能を搭載し、携帯向け「MapFan」に対応した端末。送り手側は、携帯向け「MapFan」の対応端末と同じ。