セイコーインスツル(SII、茶山幸彦社長)は3月2日、Bluetoothで携帯電話と無線接続する腕時計型端末の実験機を開発したと発表した。バッグの中などにある携帯電話に音声通話の着信があった場合、腕時計の操作で保留応答や着信拒否をするなどの機能が利用できる。

 セイコーインスツル(SII、茶山幸彦社長)は3月2日、Bluetoothで携帯電話と無線接続する腕時計型端末の実験機を開発したと発表した。

 バッグの中などにある携帯電話に音声通話の着信があった場合、腕時計の操作で保留応答や着信拒否をするなどの機能が利用できる。さらに、携帯電話と腕時計の距離が離れ通信が切れた場合、腕時計が警告する「置き忘れ防止」機能や、通常の音量に設定されている携帯電話の着信音を状況に応じて腕時計からミュート解除する機能、腕時計の時刻を携帯電話の時刻に同期する機能も検証。携帯電話の音声着信やメール着信を腕時計の振動や音で知らせる機能、メール着信で差出人名や件名を表示する機能も追加検証した。

 実験機には、携帯電話と腕時計をBluetoothで常時接続する通信規格「BT Watch TR-006 ver.1.0」を搭載。この規格は、SIIをはじめソニーやNECなどの携帯電話メーカーやNTTドコモといった携帯電話会社などが組織するモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)が05年12月に策定したもの。

 しかし、メールの差出人表示などの機能はSIIが独自に開発した規格であるため、コンソーシアムに参加する携帯電話メーカーや携帯電話会社に採用を働きかけていく方針。今後は実験機で得た情報を使いプロトコルの完成度を高め07年を目標に商品化を目指す。