ソニー(中鉢良治社長)は、40GBのハードディスクを搭載したCD・FM・AMチューナー内蔵HDDコンポ「ネットジューク NAS-D5HD」を3月21日に発売する。価格はオープン。実勢価格は6万5000円前後の見込み。 パソコンがなくても、内蔵ハードディスクに保存した楽曲データをUSB経由でMP3対応の携帯オーディオプレーヤーに高速転送できるのが特徴。同社の「ウォークマンAシリーズ」を接続した場合、最大50倍速でデータを転送できる。またUSB経由での充電にも対応する。 40GBの内蔵HDDには、音楽CD、ラジオ番組、音楽配信サービス「エニーミュージック」からダウンロードした楽曲など、最大2万曲保存可能。録音形式は、CDと同音質のリニアPCM、ATRAC、MP3の3種類。パソコンとUSBで接続することでパソコンに保存してある楽曲データを取り込むこともできる。 またHDDには、米グレースノート社の「Gracenote CDDB」を内蔵。あらかじめ約35万曲の楽曲情報を収録しており、CDからHDDへの録音時にアルバム名、アーティスト名、曲名を自動的に登録できる。なお、新しく発売されたCDの楽曲情報は、ネットワーク経由でアップデートすることもできる。 操作確認画面として、本体前面に高精細4.3インチフルカラー液晶を搭載。有料の「エニーミュージック」(登録月315円、月額利用料315円)を利用すれば、リモコン操作で「音楽ダウンロード」「オンラインCDショップ」「FMオンエア情報」などのサービスも利用できる。